根底に流れていた音楽と世界

 

浮世離れ推進委員会のマルコフィ・マルコです。

 

わたしは子供のころから音楽が好きです。

ジャンルは

ロックもフォークも

歌謡曲も演歌もアニソンも

クラッシックも童謡も

日本やロシアの民謡も

民族音楽や楽器の音色とかも

全部好きです。

どれも詳しく知りませんが

流行ではなくその時聞いて

心の響いたものが特に好きになります。

 

 

その中でも

いつもどこかで忘れずにいた音楽

20年くらい前から

ずっとわたしの根底…

根っこの部分で

いつも流れていた音楽があります。

 

 

それは20年くらい前にやっていた

子供のアニメ。

そのオープニングやエンディングではなく

劇中でたまに流れる曲でした。

同世代のお子さんがいる

お母さんたちに聞いても

今は殆ど覚えている人のいない曲ですね。

 

 

それをご紹介します。

「ダンデライオンのテーマ」

元気な曲ですよ。

合間に入る団長の掛け声が(男の人の声)

特にいい!笑

 

 

これがわたしの

世界観を表している

音楽だったのだと

昨年気がつきました。