”生”しかない

 

 

浮世離れ推進委員会のマルコフィ・マルコです。

 

 

”生”しかない

 

 

 

 

生といえば

ビールはやっぱ生でしょ

そういう話ではありません……

 

 

 

生=せい

生死のせいです

 

 

 

今回の感染症をみても

世界中

先がわからない

不安や恐怖であふれています

 

 

不安や恐怖

 

 

突き詰めれば

それは

まだ死にたくない

死への恐怖なのだと思います

 

 

 

 

この死

 

死とは何なんでしょう

 

 

 

魂は死なないですか?

 

そう思う人も最近は多いですね

わたしも魂は死なないと思ってます

 

 

では死とは?

 

 

 

肉体が滅びること?

失うこと?

 

それくらいしか思いつきませんが…

 

 

 

 

地球という三次元の世界は

二極化の世界といわれます

正負

善悪

ポジティブネガティブ

勝負

光闇

などなど

 

 

 

そのなかで

究極の二極化は

生死だと思いました

 

 

 

 

 

先に述べましたが

魂は死なない

 

だとするなら

本来”生”しかない

 

生しかないと思えば

死への恐怖という感情は存在しないはず

 

 

 

死後の先が見えない

わからないから

生きてることが唯一で

死というものを

ネガティブにとらえてしまいがちだけども

もし

魂はそのまま生きてるし

ほんとのところ死後は

地球より楽園

めちゃいい世界なのよ~

なんてわかっていたら

死を恐れ悲しむことなく

それぞれの寿命を全うし地球卒業!

おめでとうとなるはずで…

 

 

 

 

霊とかチャネリングの言葉はあるけど

本人が行って見て

戻ってきたわけではないし

死後の世界を

地球にいるときはだれにも確信できない

ここにも意味があるように思うのです

 

 

肉体を与えられた今は

どれだけ自分を信じて

どれだけ自分を生きて

魂を成長させること…

 

どんなことも

魂を成長させるチャンスを

いつも神(宇宙)は

与えてくれているのでしょうね

 

 

 

 

 

そして人間の

最大の恐れ

死をネガティブにとらえない

 

さらに進んで

死というものはなく

”生”しかない

 

そんな時代が

いずれ来るかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

浮世離れしすぎたか…

道の途中なので

解決策も何もない

話になりました。笑

ま、良しとしよう。