· 

なんちゃって論

 

 

浮世離れ推進委員会のマルコフィ・マルコです。

 

 

 

体調が最悪だった

14、5年前くらいになるでしょうか

その頃はちょっとでも見聞きした

代替療法やヒーリングなど

藁にもすがる思いで色々やっていました

 

その中で音を利用する療法

オルゴール療法というものがありました

 

 

 

 

 

 

以前に書いた記事

バカボンからのお告げで(笑)

音とウイルスという記事を書きました

 

 

そのことをきっかけに

10年以上使わずに

ずーっとしまっておいた

オルゴールが気になって

再び出して聞いていました

 

 

 

オルゴールの音色はオーケストラ並みの

幅の広い周波数を持っていて

それが脳幹に作用して

いいみたいなんですね

(ちなみにピアノは低周波

バイオリンは高周波…

森の中の音は両方みたいです)

 

なのでオルゴールや

確かストリートオルガンなんかも

周波数は両方で幅広いので

オーケストラを聴きにいかなくても

或いは森の奥深くに行かなくてもいいので

オルゴールはとても便利で

脳にいいらしいのです

 

音楽の周波数の脳への影響は

まだ解明されていないことも多いのですが

生の演奏だけみたいで

電子機器なんかでは得られないそう。

 

14、5年前のオルゴール屋さんの説明は

そんな感じだったと思います。

 

 

 

 

さてここからは

例のウイルスのお話

 

このウイルスにも周波数があるらしく

これが5Gの周波数と

共鳴しているのではないかという説…

(活動を活発化させる)

こういう説があることを知りまして

その真偽はともかく

 

もしウイルスに周波数があるなら

”バカボンからのお告げ”

音にも周波数があるので

ウイルスを鎮静化させることができるのでは?

あながち間違ってはいないかも…

 

 

 

今朝そう思った次第です(笑)

 

 

 

 

科学は

難しく人間がしているだけで

摩訶不思議なことを人間が認めれば

ちょちょいのチョイ!

そんなイメージがわたしにはあるので

(科学者さんすみません…)

 

 

 

こんな理論も

300年後くらいには

普通になっているかもしれません・・・

 

 

 

 

天然の音のゆらぎには

目に見えないパワーが

とてもあるのだと思います

 

 

 

 

 

 

300年後のノーベル賞候補

 

マルコフィ・マルコの

”なんちゃって論”でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

*スイスオルゴール*カノンを奏でます

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    やえ (火曜日, 14 4月 2020 16:11)

    みわおさん、お久しぶりです(*^_^*)
    今、大変な事態になっていますが私もオルゴールを聴いて病気に勝とうと思います。

  • #2

    マルコフィ・マルコ (火曜日, 14 4月 2020 17:24)

    やえさんへ
    返信機能がないみたいなので
    お返事ここに書きますね。

    やえさん!!
    お元気でしたかー。
    このブログは殆ど誰も見てないと思っていたので、コメントにびっくりしてます。笑
    ほんとありがとう。嬉しいです。
    わたしもオルゴール久しぶりに聞いて癒されてます。
    大変な時だけど疲れ溜めないように工夫して過ごそうね。