· 

平和の象徴

 

 

浮世離れ推進委員会のマルコフィ・マルコです。

 

 

ふたつ前の記事で

コーヒー党から紅茶党に

一瞬で変わった話をしました

 

 

昨年の11月で

ウクレレボランティアもひと段落し

時間が空いたので

何しようかなと思っていたところ…

 

紅茶党になったのも何かの縁

”紅茶検定”なるものがあることを知り

これは脳の老化防止にもなる!(笑)

そう思ってチャレンジすることに…

 

 

 

 

 

 

 

 

結果が来ました

 

 

 

 

 

 

紅茶歴 数か月という身でありながら

一番難しいプロフェッショナルにチャレンジ!

たぶんこれくらいハードル上げて

士気を高めないと

頭に入らない気がしたので…笑

 

(プロフェッショナル合格資格にはひとつ下の合格点が必要なので同時にふたつ受験しました)

 

やったー!合格

 

(落ちてたら普通ここに書きませんね)

 

 

 

 

 

 

 

わたし

受験する前は

マークシートだし何とかなるだろうと

結構なめてたんです

 

ところが

いざ受験してみると

60分で80問なんですが

 

これがこれが

日本語の言いまわしのひっかけがあったり

マークシートって

きちんと理解してないと

瞬時に答えを選べないんですよね…

 

 

ちょっと考えこんだら

時間はどんどん取られるし…

結局

見直し時間が全く取れなかったという

予想外の展開

 

 

試験が終わって

家に帰って自己採点すると

これは非常に危うい・・・

(”なめたらいかんぜよ”ですね)

 

 

 

 

 

いや~

ほんと合格出来て良かった

良かったです

免疫力上がりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶って・・・

 

ひとりでもね、

ひと息ついたり

人と楽しく世間話したり

くつろげますね

そんな時に欠かせないものだなって

 

だから

普段何気なく飲んでるお茶

 

そんなお茶を飲めることは

平和の象徴なのかなって

 

お茶にまつわる長い歴史や

産地や輸入国など勉強しながら

色々な思いを馳せていました

 

 

因みに緑茶も含めて

2016~2018年1人当たりの

お茶消費量の一番多い国はトルコなんですよ

(誰とく?)笑

 

 

 

 

 

今回の勉強が

今後役立つとかは別として

知らない世界を知るって

とても楽しかったです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    やえ (金曜日, 17 4月 2020 19:52)

    おめでとうございます(^_^)v
    私、最近、やっとコーヒーが飲めるようになり、ドリップパックのものを時折り使っていますが、どらかと言うと紅茶の方がさっぱりしていて好きなんです。一説にはインフルエンザにかからないようにする為にも良いと聞いたので、緑茶同様、昨今、騒がれている病気にも良いのではなかろうか??と期待しつつ・・・右京さんのように急須を上から・・・・私がするとテーブルを拭くのに大変です!!失礼しました(笑)(笑)!!

  • #2

    マルコフィ・マルコ (金曜日, 17 4月 2020 21:20)

    ありがとうございます!
    紅茶はさっぱりしてますね。
    インフルエンザには1990年ごろからの研究で不活性化は認められていて、新型にも期待したいですよね。
    ただね、1時間ごととかこまめに何回も飲まないとなんです。
    あとね同じ茶の仲間でも紅茶は緑茶よりずっと効果があるんですよ。
    ちょっとプロフェッショナルっぽく語ってみました。笑