純粋に行動する

 

 

浮世離れ推進委員会のマルコフィ・マルコです。

 

 

他者と接するとき

純粋に湧いて出た気持ちで行動することが重要です

 

 

 

 

 

 

そのためには

”〇〇のために”

”〇〇のためだから”という思考癖を

まずは無くしましょう

 

 

 

 

よくやってしまいがちなのは

”親が子供のために・・・”

この例はわかりやすいですね

 

 

親が子供のためにと思って

やったことって

子供にとっては案外

的外れなことが多いです

 

わたしもたくさん失敗してきました

 

 

 

子供だけではなく

友人、恋人、夫婦、他人…

全ての人に対しても当てはまります

 

 

 

 

 

ではなぜ

”〇〇のために”と思ってしまうのか

 

 

 

答えは簡単

 

自分のエゴですね

他者のことを思ってるようで

実は自分のためにやってます

自己満足したい

いい人に思われたい

世間体とか他人の目を気にしてたりとかも

 

 

 

 

 

なので

他者に何かしたいと思ったときは

一旦立ち止まって

自分のエゴじゃないか

世間体や他人の目を気にしてないかなど

簡単にチェックしてみるといいですね

 

 

 

 

そうすると

だんだん自分の純粋な気持ちで行動できるようになります

 

 

 

純粋な気持ちで行動できるようになると

親切にしてやったのにとか相手を恨んだり

思った反応と違ってがっかりするとか

他人の反応が気にならなくなります

事前に自分に納得できているからです

 

 

 

 

 

純粋な気持ちでやってあげる

あるいは

純粋な気持ちでNOと言う

 

 

 

これができるようになると

生き方がとてもシンプルになります

 

 

 

 

 

ネガティブな感情を増やして

生き方を難しくしているのは

自分自身なのだと気がつきます