中毒を卒業する

 

 

浮世離れ推進委員会のマルコフィ・マルコです。

 

前回の話の続きになります

 

☆人生を今より良くしたいから

 

 

 

今回も自分は今のままがいいと思う方は

必要のない話なのでスルーしてくださいね

 

 

 

 

 

 

では自分を変えるにはどうすればいいかです

 

 

 

 

これは

まず最初にやることは

自分に付加価値をつけることでもなく

環境を変えたりすることでもありません

 

 

 

なので

何かを始めたり

着飾ってみたり

人や物を断捨離してみたり

そういったこともきっかけにはなったり

必要なこともありますが

これを最初にやっても

すぐに元の自分に戻ってしまうと思います

 

 

 

 

それでまず最初にやること

 

 

 

自分の中毒を卒業する

 

 

 

ここがスタートです

 

 

 

 

 

物質的なものですと

人によっては

薬物やアルコール

ギャンブル

それはナイナイと思ってる人でも

中毒性のある食べ物だったり

時間があればテレビをつけて観たり

ゲームをしたり買い物ばっかりしたり

それと今はネット中毒スマホ中毒

これは殆どの人が中毒予備軍になってるかもしれません

 

 

物質ではありませんが

だらだら中毒

生きるの面倒、苦しい中毒←昔のわたし

怠け者中毒などもあります←わたし

怖い怖い中毒

寂しい寂しい中毒

考え出すと切りがないほどあります

 

 

 

 

 

 

脳の仕組みをわかってる頭のいい人たちがたくさんいます

なので世の中には中毒になる仕掛けがたくさんあります

 

なぜなら中毒になってくれたほうが

脳を支配して

勝手に回転し儲かるからです

 

 

 

 

 

全部が悪いと言ってるわけではないです

質のいいものは心を豊かにしてくれますし

楽しむことも大賛成です

時にはおバカなことも

心を和ませてくれますね

便利なものはどんどん使ったほうがいいと思います

 

 

 

ただいつの間にか

本来の自分が主人ではなく

それらに支配されてしまうことが問題です

 

 

 

 

自分の限られた人生の大切な時間を

それらに奪われてしまい

もっと大切なものがあることを忘れてしまう

そんな人生ではもったいないと思うのです

 

 

 

 

中毒を卒業することができれば

自分に自信がつき

精神的自立にもつながります

ほぼ自分を変えることに成功できたようなものです

 

それほど中毒を卒業することは難しいです

人間の心は弱いからです

 

 

 

 

 

 

 

 

今のままでいいと思って

生きるか

 

 

 

 

中毒を卒業して

本来の自分であり

新しい自分で生きるか

 

 

 

 

変えたいと思いながら

思うだけで変わらず生きるか

 

 

 

 

 

 

 

 

ここを切り抜けた者だけが

進める道があるように思います

 

 

もちろんこのブログの主軸

楽に生きていくための道です