魂の学校

 

 

浮世離れ推進委員会のマルコフィ・マルコです

 

 

魂に学びの段階があるならば

わたしは小中の義務教育を

ようやく卒業できたくらいだと思ってます

現実の時間では2~3年のことだったので飛び級です

 

 

 

そしていよいよ来年から

高校生

 

 

 

魂の学びにおいての高校は

今までに作られた自分ではなくて

魂の小中学生を経て

本来の自分がやっとわかってきて

ここから更に脱皮しながら

成長していく段階だと思ってます

成長というといかにも堅苦しいので

楽しく生きながらを付け加えましょう

 

 

 

 

 

現実の高校時代は

本来というより人や学校との関わりで

作られた自分が確立していく時期に思います

色々なものを着ていくようなイメージ

 

 

それに対し魂の学校は

自分を作っていくではなくて

本来の自分を思い出し本来の自分で生きる

どんどんいらないものは脱皮していくイメージ

現実の学校とは真逆ですね

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の3月24日に

突然浮かんできた

”浮世離れ”という言葉から

この言葉になんとなく幸せを感じて

ブログを始めました

 

 

そしてコロナ騒動があったりまさに浮世でした

(浮世とは”憂き世”に由来

憂き世とは辛いこと、気持ちの晴れない事が多い世の中を表した言葉)

 

 

 

そんな中で

どうすればもっと楽に楽しく生きれるのかなって

日々を過ごし、そこで気づきがあったり

案外私は最初から浮世を離れていたのかも

なんて思う日々もありました

 

 

 

このブログに記していることは

その時の自分への振り返りや

エール的なものが多いですが

2021年はためになる気づきや

楽に楽しく生きるヒントがみつかれば

また書き記していきたいと思います

 

 

 

 

 

魂の高校

留年しないように

魂の自分で

毎日笑って今を生きるです!