プラスエネルギーに変える癖

 

 

浮世離れ推進委員会のマルコフィ・マルコです

 

 

 

子供のこと、家族のこと

人のこと

自分のこと・・・

 

 

 

いつも何かに心配している人がいます

 

 

 

いわゆる心配性ですね

 

 

心配性の人は、

固定観念が強めだったりします

そして思いやり深い人でもあるのですが

自分を信じる力が弱いのです

 

 

 

 

心配というエネルギーは

マイナスエネルギーです

 

 

 

本人が気づかないうちにマイナスエネルギーを

お相手や自分に向けて飛ばしてます

 

 

 

無意識にエネルギーを弱めてしまっているのです

 

 

 

なのでどんな場合も

心配はやめたほうがいいです

 

 

 

 

 

それでも相手を

思いやらずにはいられない場合

心配ではなく

それを信頼に変えましょう

自分に対しても同じです

 

 

 

 

どんなことも

〇〇なら大丈夫!

 

どんなことも

自分は大丈夫!とね

 

 

 

 

エネルギーは形のないものですから

心で唱えるだけで充分です

 

 

 

 

そうすることで

プラスエネルギーに転じ拡散して

自分が見ている世界も

心配から信頼に変わっていきます

 

 

 

 

 

 

心配性も生き方の癖なので

心配が発生した時は

これからは心配を信頼に変える癖をつけてみてくださいね